HOME>ホットトピックス>レジ業務のアウトソーシングがもたらす組織の縮小

アウトソーシングをするとどうなるか

レジスター

レジアウトソーシングの活用目的を考えるときに重要なのが、結果的にどんな違いが生じるかを理解することです。レジアウトソーシングをするとレジ業務やサービスカウンター業務の人材が不要になり、全て他社に任せられるようになります。

アウトソーシングによる組織規模の縮小

レジアウトソーシングをするとレジ周りの人材をほぼゼロにできるので組織規模が縮小されます。組織を縮小してコントロールしやすい範囲にする目的でアウトソーシングをすることはよくあり、正社員やパートなどが入り混じっていて制御しにくいレジ業務をアウトソーシングするのは合理的な方法です。特にスーパーやドラッグストアなどでは社員の大半が店舗運営のスタッフということが多く、レジ周りの人材を減らせるだけで大幅な組織縮小になります。

レジ周りをアウトソーシングする効果

レジアウトソーシングをすると組織規模が小さくなるだけでなく、レジ周りのシフト管理も必要がなくなります。会計に関わるクレーム対応なども全て外部に任せることできるので店舗経営者に要求されるマネジメントの能力も低くて済むのが一般的です。レジ周りの人材確保のために採用活動をしなくても問題なくなることから、スピーディーに店舗展開をすることができるようになります。